温泉レポートVol.14 不老山薬師温泉 安房自然村(千葉県館山市)

2017.05.10 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:温泉に行こう

     

    問日:2017.5.2(火)

    泉名:不老山薬師温泉

    名称:安房自然村

    場所:https://awa-shizenmura.jp/hotspa

    営業時間:10:00〜21:00(最終受付20:00)

    定休日:不明

    入泉料:700円

     

    泉質:メタほう酸、メタけい酸、重炭酸ソーダ

    浴槽数:2

    露天風呂:あり

    備付洗剤:あり

    サイト:https://awa-shizenmura.jp/hotspa

    個人評価:★★★★☆

     

     

    草津からの川崎温泉をキメた翌日、房総半島に鯨を食べに行きました。

    東海・関東の友人たちが川崎に集まり、皆で出発。

    3月に開通したばかりの首都高速神奈川7号横浜北線を早速利用。

    新横浜からK1横羽線生麦JCTまであっという間。その後は東京湾アクアラインへ。

    この日はGWということで海ほたるPAは大渋滞。一度行ってみたかったのですが断念。

    アクアトンネルはシン・ゴジラで前田敦子が崩落に巻き込まれていたシーンが思い出されますね(

     

    アクアライン・連絡道を通り館山道君津ICで高速を降り、下道をひた走り…。

    じゃん!お花畑!?

    お店の写真を撮り忘れておりました。

    行ったお店は「つ印 くじら屋」。

     

    鯨ユッケと鯨漬け定食。

    鯨は竜田揚げくらいしか食べたことがありませんでしたが、生でも行ける!

    生姜とにんにくをつけて、馬刺しのような味わい。獲れたて新鮮なようで、臭みも少なく◎。

     

     

    そのあと海岸を少しお散歩しました。

    ハマヒルガオ。

    お花畑というバス停前ですが特にお花畑は無く…?

     

    そのあと恒例の温泉へ。

    今回訪問したのは「不老山薬師温泉 安房自然村」。

    日帰り温泉や宿泊施設、食事処などがある広い施設です。

    日帰り温泉の入り口。

     

    受付でお金を払うと、この入り口は5時で閉まるとの旨を伝えられ。

    こちらは食事処なのでしょうか?入り口はもう一つ、下にあるのでそちらから20時まで入店可能。

     

    受付のすぐ脇のロッカーに貴重品をしまい、階段を下るとなにやら洞窟のような雰囲気。

    女湯、男湯を通り過ぎると、すのこが敷いてあり何かなと思ったら下側の玄関でした。靴箱あり。

     

    脱衣所はここも籠。関東は籠のところが多いのでしょうか?

    室内は比較的狭く、設備も充実しているとは言えませんが特に不自由はしません。

     

    浴場に入ると、椅子が5つ、蛇口も5つ、シャワーが…3つ。

    5人で行った僕達には足りねえ!

    そして蛇口を捻ると…

    なんかこのお湯黄色いんだけど!?!?!

    後ろの浴槽を見てみると、同じ色をしているではありませんか。

    えっここシャワーからも温泉出てくるの!?

    もう何が何だか分からなくなりながら、足りないシャワーを共有して汗を流す。

     

    内湯に入ろうとしたら、湯温がめちゃくちゃ高くなっていました。

    ここは湯温調整は蛇口で行うようで、この時は蛇口から熱い温泉の湯が垂れ流しのままになっていたためでした。

    源泉温度は不明ですが、かなり高い様子?

    勿論、水を出す蛇口もあり、とりあえず水を流して湯温調節して入りましたが、やはり熱いのですぐに露天へ出てしまいました。

     

    露天風呂は高い壁と樹木に囲まれさながら森林風呂の雰囲気。

    海岸から少し離れただけの場所ですが、緑に囲まれてなんだか体に良い気がします(

    こちらも内湯と同じようなつくりで、湯温調整はセルフ。

    こちらは先客がいたこともあり快適な温度に。

    泉質は前日の川崎の温泉と同様、昆布のようなにおいのする黄褐色の湯。

    重炭酸ソーダは重曹、メタケイ酸は地球上に多く存在する物質です。

    メタホウ酸は消毒、メタケイ酸は美肌効果があるそう。

     

    涼しげな緑に囲まれながら入る露天風呂は格別。

    しかし、風呂から上がってシャワーを浴びてもまた温泉なので、なんだかスッキリしない感じがあります(笑)。

    5時が近づいていたので風呂から上がり、珍しく見つけたイチゴ牛乳を購入(¥110)。

     

    そして、東京にいる父親を迎えに行き実家へ戻ろうとしていたところ…。

    「仕事が終わらなかったから今日も帰れない。」と電話が…。

    房総半島の先にいるというのに時刻は17時。ここから実家へ戻るのは普通にしんどいなと思った僕は関東にもう一泊することを決意。

    結局3泊4日の関東旅行になりました(笑)。

     

     

    「不老山薬師温泉 安房自然村」は日帰り温泉だけでなく宿泊施設もある複合型施設。

    しかし、日帰り温泉も小さいながらも濃い温泉を味わえ、また森林浴もできるなかなかの温泉だったと感じます。

    アクセスはあまり良くありませんが、このあたりは天然温泉があまりないので、南房総で温泉に入りたい人はぜひ。

     

    スポンサーサイト

    2017.07.23 Sunday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL